読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu9.04にしたらgdmでこける

linux

軽い気持ちでUbuntu9.04にしたら、Usplash後、「画面のリフレッシュを試みてはエラーダイアログ(文字化け)」が六回程度表示された上、Console上に以下のエラーメッセージが出力される。

The display server has been shut down about 6 timesin the last 90 seconds. 
Itis likely that something bad is going on. 
Waiting for 2 minutes before trying again on display :0.

startxすると正常にGnomeが立ち上がるのだけど、やはりgdmからだとこける。

initスクリプトが起動されていく中、「Checking battery state」という箇所で固まっていて、これと「9.04では起動時間短縮のためgdmが起動可能になったらXを起動させてしまう」工夫が衝突しているのかもしれない。
と思い、このチェックは/etc/init.d/acpi-supportスクリプトが行っているので、sysv-rc-confで無効にしてみたら「Checking battery state」は表示されないままで、やはり固まっていた。acpi-supportの問題ではないような気がする。


/etc/init.d/gdmも8.10と違っている点を、ちょこちょこ戻しつつ試してみたが改善せず。grub関連もあやしげな変更はなさそうであった。

まぁ、コンソールログイン後にstartxをすればとりあえず問題ないのだが、マシン起動時に毎回エラーダイアログが数回出てstartxを叩くのが面倒。
ハイバネートすれば良いのだけど、startxで開いたGnomeからはハイバネートできないので、

aptitude install hibernate

で、hibernateを入れてから

sudo hibernate --force

として当面やりすごすことに。


追記
xdmにしたら問題なくGUIログインできた。