読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛙の子供

diary

最近、近所の公園やら小路で蛙の子供達に遭遇する。

よーく見ないと見つけられないものの、よーく見ると結構足元にいる。子供達が踏みつけないよう常に見張っているので、いつもの倍疲れる。

とても小さい。


こういう尻尾も無い小さい蛙を見ると、どうもオタマジャクシというやつの存在が都市伝説に思えてくる。



と、いろいろ頑張って日常のことを書いてみたのだけれど、どう頑張っても地味な話題しか出てこない自分に改めて驚かざるをえない。